2010年12月03日

マーチレース後半戦 レポート

マーチイーストジャパン 大竹美枝子
03:58 | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お久しぶりですあせあせ(飛び散る汗)
先月、今シーズンのマーチレース 東日本シリーズが全て終了しました。
今シーズンの後半、第4戦袖ヶ浦戦、第5戦筑波戦のご報告です。


第4戦 袖ヶ浦フォレストレースウェイ

前日の練習中から、水温が異常に上がってたびたび緊急停止・・・が数回発生!
なんだ?なんだ?どしてだ?なぜだ?
怪しいことは特にしていないのだけど・・・
なんとか騙し騙し水温に注意して臨んだレース。

予選は、速そうなクルマについてスリップを頂き、なんとか4番手をマーク。

決勝は・・・実は某クルマ雑誌REVSPEED様から、ぜひ車載カメラを積んで
みませんかとのお話を頂いて、自分のカメラと計4台のカメラを搭載。

そして2番手のクルマが車両トラブルのため、グリッドに着けずにリタイヤ。
目の前にはクルマがいない状態でスタート!1コーナーまでに2番手に浮上グッド(上向き矢印)
でも1位のクルマとはあっと言う間に離されちゃった

524F0536.jpg
 
しかーし、ピーキーセッティングでハイスピードコーナーはかなり抑えて
しまい、コーナーの度に後ろが近づいてくる・・・

2周目の8コーナーでミスってアンダー出した際に1台に抜かれるバッド(下向き矢印)

が、その後は、計15周のレースで13周まではなんとか3位をキープあせあせ(飛び散る汗)

1コーナーで前のクルマにベタ付きになり、一瞬右に並ぶか左に並ぶかで
迷ったホンのわずかな隙に、後ろのクルマが右コーナーIN側に入り込み
ちょっと苦手な3コーナーで前とIN側を塞がれて4位に後退・・・バッド(下向き矢印)

ラストの周で3位のクルマがミスってアンダーを出した一瞬を狙ってINに
飛び込むも、抜ききれず結局4位でチェッカーモータースポーツ

抜けたのはスタート時だけ。
後は抜かれたレースで、4位入賞だけどあまりすっきりしない結果に。


あ、この時の車載映像と、レーサー大井貴之選手からのインタビューの
様子がREVSPEED12月号の付録DVDCDに掲載されました


第5戦 筑波サーキット

レース前々日の練習中にやっぱりオーバーヒートの警告が点灯どんっ(衝撃)
えぇぇぇぇ、またぁ?あせあせ(飛び散る汗)

前日の練習は雨・・・
でも決勝も雨になりそうな予報だから、雨の筑波の走り方とセッティングを
出さなくちゃ!と張り切った1本目で、またもや完全オーバーヒートを起し
なんとか応急処置を施しても、完全にヘッドガスケットが抜けたらしく、
大事なエンジンちゃんはさよ〜なら〜となりました(ToT)/~~~

スペアエンジンは・・・
6万キロ走行の中古車から降ろしたノーマルエンジンしかない。
前日深夜までかかってエンジン載せ替え作業。

そして結局雨の練習ができずに臨んだ予選。
明るくなってはきていたけど、完全ウェット。

とにかく速い集団の間に入ってアタックを開始ダッシュ(走り出すさま)
かなーり不安だけど必死について行って4周目で2番手タイムをマークぴかぴか(新しい)
よし、この調子じゃあ!と思ったら、スピンで止まった車両の移動のため
赤旗中断・・・

一旦ピットINした際に、今まで一緒に走ってた速い集団と離れてしまう。
そして予選再開。

赤旗中にもどんどん路面コンディションは回復していたのに・・・
周りがタイムを一気に上げてくる中、前のクルマに引っかかったり、身内の
クルマに引っかかったりで後半のアタックは全て失敗・・・

決勝は16番手からのスタートと、かなり落ち込む・・・バッド(下向き矢印)

決勝は完全ドライ。
筑波サーキットは、抜きどころが少ないために簡単には抜かせては
くれない。
序盤で団子状態をすり抜けてなんとか12位までは上がったけれど、
その後は最終コーナーでムダな接触をされたり、ブロックに徹した前の
クルマを抜ききれず、そのまま12位でゴールモータースポーツ

昨年までは12位でも「よくやったね」と言えたかもだけど、今年は途中から
覚醒し(笑)、優勝なんかしちゃったもんだから、12位と言っても今期は
最低順位となってしまいました・・・

昨年から、どうも筑波のレースでは何かが起きる(>_<)
スタート後10秒で1コーナーに辿り着く前に大クラッシュして終了したり、
接触してスピンして順位落としたり、エンジン壊れたり・・・

なんとか最終戦で結果を残したかったけど、それも叶わず・・・

シリーズポイントが付与されるのは、この第5戦まで。
てことで、一応、シリーズ全5戦中、初めての優勝1回と、初めての4位
入賞とがあり、マーチレース 東日本シリーズ6位となりました


まだまだ課題がいっぱいだけど、去年よりは少しずつだけど確実に進歩
できたのが実感できたシーズンでもありました。


応援してくださったスポンサーの皆さま
一生懸命手伝って応援してくれた、チームのスタッフの皆さま
今年、指導とメンテに全力を注いでくだった、ガレージTRSさま

そして、時には励ましてくださり、時には熱いバトルを観せて感動をくださった
F.O.Sドライバーの仲間の皆さま

本当にありがとうございました〜かわいいかわいいかわいい


2010年11月09日

もてぎシビック最終戦

ARTA Project F.O.S.メンバー
00:50 | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
久しぶりの書き込みになりましたが、先週末に行われたもてぎシビックの最終戦の結果です。

ランキングトップのまま迎えた最終戦でしたが、結果としてチャンピオンを取ることが出来ず、自分の力不足を痛感させられた一日となってしまいました。


予選   10位

今回は朝8時20分と早い時間から走行開始。
リアタイヤのグリップに注意しながら3ラップ目にアタック開始・・・・目標タイムに1秒以上足りないのでもう1周・・・・・タイムダウン
3アタック目はさらにタイムダウンしたのであきらめてピットイン。(時間が足りずに再アタックに出ることも出来ずに終了)
明らかに乗れていない・・・自分が悪いのはわかっていても納得いかないタイムと順位。ものすごく落ち込んでしまった。


決勝    6位

ランキング2位につけていた選手はキッチリとポールポジション。この時点で優勝するか、ランキング上位にいる選手全員の前でゴールしないとチャンピオンは絶望的。
気持ちを切り替えて追い上げモードのテンション。前の車両にプレッシャーかけるための小細工(効果のほどは???)もしてグリッドに着く。
スタートはまずまず・・・1コーナー進入で2つポジションをアップするも立ち上がりでシフトミス!で13番手まで後退する。中段の混戦を何とか切り抜け1ラップ終了で10位。前方の車両にプレッシャーをかけながら少しずつポジションアップし、5位の選手の背後につけるもここでチェッカー。前方の車両のトラブルにも助けられて4つポジションアップの6位フィニッシュ。
とてもとても悔しいけれども、レース自体は大きな接触をすることもなく、追い上げながらの10周はとても楽しむことができました。



今シーズン最後のレースに、多くの方に見守られながら・・・・かなり期待していただいてたことと思います。
その期待に応えることが出来ず、本当に申し訳ありませんでした。

来年のことはこれからゆっくり考えることにします。



今年一年間、サポートしていただいた

スポンサーの皆様

色々と手伝いをしていただいた方々

協力・応援をして下さったお客様

お店のスタッフの全員

ガレージFKのスタッフの皆様

一年間、本当にありがとうございました。そしてお疲れさまでした。

2010年11月08日

東京ラリーDAY2

ピューマ 中西
11:41 | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お疲れ様です、谷です。
11月7日(日)
DAY2も無事スタート車(セダン)していきました。
サービス隊のやすらぎタイムです。眠い(睡眠)松嶌・谷ともに爆眠眠い(睡眠)眠い(睡眠)眠い(睡眠)
1時間ぐらいたったころ携帯を見ながら岩波隊長が叫び始めたどんっ(衝撃)
2台ともいいタイムで各SSを終えている。わーい(嬉しい顔)
岩波隊長もかなり興奮気味になっている状態谷・松嶌もボルテージUP
もしかすると入賞できるかも、谷妄想中・・・・・・・・・・・・・・・ひらめき
その後、またしても岩波隊長が叫んだどんっ(衝撃)・・・・・・・・。
やばい、SSタイムが、出ていない??????
もしかしてリタイア・・・・・・・・・・・・・・・・・がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)
電話は圏外だし連絡も入らない。HQに確認を何とかして取らなければ
車は大丈夫か?ドライバー、コドライバーは大丈夫か?心配だけど何も
出来ないいらだちがこみ上げてくるむかっ(怒り)HQから連絡がはいり大丈夫です。
増川号現在走行中の連絡が入った。よかった・・・・・・・・・。
安心して一気に気が抜け泣きそうになった。リザルトの内容が次々かわり
どんな状態かがわからない。
最終SSを終え電話が入る携帯電話ゴールしました。モータースポーツ
なによりもうれしい電話だった。無事ゴールしてくれた。うれしくて谷・松嶌ともに
なみだ目になりながら帰りを待っていました。
P1000047.JPG
ゴールし結果は途中トラブルもあり総合JN2クラス7位で終了しましたが、
なにより無事完走してくれたことがなにより嬉しかった。本当にありがとうございました。
また、今回色々と叱られながらも励ましてくれた岩波監督そして赤木さんまた、
各関係者の方々へ色々迷惑もお掛けしましたが無事完走させていただくことが出来ました。
本当に心から感謝しています。本当にありがとうございました。

                           谷

東京ラリーDAY2

ピューマ 中西
10:08 | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
おつかれさまです。谷です。
11月7日(日)
DAY2スタートです。気持いい朝を迎え気合十分パンチ
P1000042.JPG


今日は、朝一のみのサービスになります。昨日直した
マフラーをチェックし車両を綺麗にしてから送り出しをしました。
昨日はウエットタイヤを使用し走行2日目はDT3を使用しスタートします。
タイヤ選択は、タイムにも響いてきますがDT3しか残っていないあせあせ(飛び散る汗)
でも他参加者はウエットタイヤでスタートしていく様子だ。でもDT3しかない・・・
DT3で行くしかない。あとは、ドライバーのドラテクでカバーしてもらうしかない。たのみましたぞ〜。



                                    つづく    谷













 

2010年11月07日

東京ラリーDAY1

ピューマ 中西
00:47 | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
お疲れ様です。谷です。
ついに東京ラリーDAY1スタートです。
P1000041.JPG
P1000040.JPG
 


左からテイクスヴィッツ コドライバー坂井さん・ドライバー鎌野さん
そしてARTAヴィッツドライバー増川・コドライバー赤木さんです。
四人とも気合十分に朝から元気にスタートして行きました。
一回目のサービスも無事通過し後半戦スタートしかし
電話が入りトラブル続発最高にピンチな状態に・・・・・・・・・・もうやだ〜(悲しい顔)どうしよう。。。
何とか最終サービスまで到着し早速点検したところマフラーから異音
というよりガッチリ排気が漏れているこれは一大事何とか最終サービスの
1時間以内に直さなければ部品を何とか準備し、いそいで修理開始
時間だけは刻々とすぎ他メンテナンスは終了しているのにマフラーが
まだ終わらない、車の下にもぐり時間を気にしながら半べそ状態で修理
を急ぎサービス時間最終ギリギリの1分まで作業終了何とか間に合った。わーい(嬉しい顔)




7fd88086545a024c7a07f2a50f7f4c6d.jpg



これで、明日朝のサービスでチェックし送り出すことが出来るよかった。
しかし、今回は前回参加した北海道ラリーより大変だと痛感した一日になった。
でも、増川も車が調子悪い中でも頑張って車を走らせ総合JN2クラス6位に入る
ことが出来た、手(チョキ)しかも、4位から6位までのタイム差0,7秒とかなり激戦だ。
明日は、DAY2気合をいれ勝負しなければ、あとは増川の気合次第だ。
最終ゴールして欲しいけど何とか上位にくい込んで欲しい神に祈る思いで
明日の朝しっかりサービスをおわらせ送り出そう。明日もがんばるぞexclamationexclamation×2

2010年09月28日

ヴィッチャレ Rd.4 in 富山(と、新城ラリー2008)

ARTA Project F.O.S.メンバー
13:01 | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
IMGP0384.jpg


ヴィッツチャレンジ毛受です。

ヴィッツラリー初の富山ラウンド、先週末行ってきました。

前日は自力で8本のタイヤを組み替え、
Rd.2 高山ラウンドで準優勝に導いてくれた平石さんとコンビを組み、
意気込み満点で500km先の富山まで向かいました。

フロントバンパーに2枚の「TOYOTA」ステッカーと、リアに 「TOYOTA Motorsports」のステッカーが新たに追加され、
「トヨタ×ラリーの意気込みが感じられる?!」
と、ヴィッツラリーカーにTOYOTAステッカーを貼れることを素直に喜び、
「トヨタWRC参戦」への夢を語りつつ、楽しく始まったラリーでしたが、

・・・またも午前中から駆動系トラブルによりリタイアとなってしまいました。ダァァ |||Orz

前回のリタイアもあり、「今回は表彰台に乗るぞ」と意気込んでいたぶん、、、私らしからず落ち込みましたバッド(下向き矢印)


が、もう気を取り直してますグッド(上向き矢印)

2回目のリタイアでもう、シリーズ3位以内は無くなってしましましたが、
次戦、最終ラウンドは4位を保持してシリーズを終われるように調整していきたいと思っています。


CIMG0431.jpg

ところで、次回のヴィッツチャレンジ Rd.5 in 長野では、
クラス6(〜1600ccのトヨタ車クラス)と、クラス7(1601cc〜トヨタ車クラス)がテストケースとして開設されます。
旧型ヴィッツRS、レビン、スターレットetc...
旧車のオンパレードになりそうですが、それもまた楽しい。

来年は「TOYOTA Challenge」??

夢が膨らみますぴかぴか(新しい)




続きを読む≫

2010年09月12日

全日本ジムカーナ鈴鹿

全日本ジムカーナ 川北忠
16:03 | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
決勝結果は9位

今期ワーストリザルト

チャンピオン争いは最終戦で……

2010年09月11日

全日本ジムカーナ鈴鹿ラウンド

全日本ジムカーナ 川北忠
20:19 | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
今日は、公開練習日

今回、自分が1位で、ランキング2位と3位のドライバーが、3位以下でチャンピオンが確定!

しかしながら今日は7位…

明日の決勝は頑張ろ…(汗)

2010年09月07日

もてぎシビック第3戦結果

ARTA Project F.O.S.メンバー
01:36 | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
先日行われた「もてぎシビック第3戦」

今回は事前のテストが出来ずできにいたので、金曜からサーキット入り

初日はOHしたミッションの慣らしから走行開始・・・
3本のテスト走行をしたが納得いくタイムが出ず、さらにはハブにトラブルが発生ふらふら

土曜日の午前中の走行をキャンセルして午後にサーキット入りして前日のテスト。

ここではかなり良い感触をえることが出来たわーい(嬉しい顔)

日曜、迎えた予選

気温・路面温度ともにかなり高く、タイヤのグリップが生かせるのはせいぜい2周。ポジション取りを確実に行って単独アタックで行くもタイムは3番手バッド(下向き矢印)

しかし今回はかなりの接戦でタイム差があまりないので決勝に期待する。
DSCN0249.JPG

決勝スタートはバッチリ決まり、2番手スタートの#89に並びかけるも1コーナーは抜くことが出来ずにポジションキープでレースが進む・・・
3台のトップ争いはかなり激しく接戦あせあせ(飛び散る汗)


高速のコーナーはかなり詰めることが出来るが、続くストレートで離される・・・
迎えた4周目のS字コーナー・・・

前方の#89と一気に差が縮まる・・・・

切り返しのタイミングでインに飛び込んだが#89も切り込んできたため接触どんっ(衝撃)

そのまま#89を押し出す形になってしまい、両車共にリタイアとなってしまいました。

お互いマシンにはかなりのダメージもうやだ〜(悲しい顔)

初めて完走することが出来ずにレースを終えてしまいました。


ご協力いただいてるスポンサー、チーム、応援していただいてる皆様、結果を残すことが出来ずに本当に申し訳ありませんでした。

シリーズランキングはトップを守っていますが、今回ノーポイントで終わってしまったため、最終戦までかなりの接戦となっています。
最後はきっちり結果を出してチャンピオンを狙っていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。m(__)m

2010年09月03日

TRDヴィッツチャレンジ Rd.3 in 中部

ARTA Project F.O.S.メンバー
22:45 | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ごぶさたしております、毛受です。

まずは大西さん、小川さん、優勝おめでとうございますグッド(上向き矢印)exclamation×2

えー私の「ヴィッツチャレンジ Rd.3 in 中部」、気がつけばはやだいぶ前となってしまいましたが、レポートです。(遅くなってすみませんあせあせ(飛び散る汗)

DSC_0400.jpg


今回は朝イチのレッキの時からいいイメージができていて、自信をもってスタートしたラリーでしたが、残念ながらドライブシャフトが折れてしまい、リタイアとなってしまいましたバッド(下向き矢印)
リタイアなんて何年ぶりだろー。

なんにもなりませんがいいわけすると、フルロックからアクセル全開という下手をうったわけではなく、たまにオモステ病解消のために交換したパワステラックが少々不良で・・・ずっとドラシャに負担をかけていたようです。
いつも思いますが、本番に出なくてもいいよねーーーexclamation×2(しかし、出るんだよなぁw)

DSC_0403.jpg


とりあえずドラシャが折れるまでの報告を・・・。
真夏の気候で路面温度もかなり上がり、クラス中一番溝の少ないラリータイヤ(=舗装優先仕様)で挑んだ私は、SS1(サーキット)とSS3(舗装林道)ではクラスベスト。
SS2(ダート)ではタイムを落とすも(かなり?)、午前セクション終了時点ではクラス3位。

でも午後セクションでのダートSSはあと1本!
残りのターマックSS、3本で挽回を狙うぞ!!

・・・と意気込んでスタートした午後イチのSS4(サーキット)。
スタート後10秒後くらいに左ドライブシャフトを破損。
「なんでもいいからとにかくゴールまで・・・!」というラリー的発想で、カウンタードリフトとかフェイントどころじゃない不安定な状態のままなんとか走行しゴールするも・・・ゴール後下回りを確認→ドラシャ折れてる現実→リタイア。(でもふらっふらな走り、ちょっと楽しかった)

勝負次第では優勝も狙えた位置にいたぶん、マシントラブルリタイアは非常にアンラッキーでしたもうやだ〜(悲しい顔)

 
DSC_0077.jpg


今回のトラブルで、またしても協力してくれたのはヴィッツチャレンジ仲間!
すばらしい手際で予備のドライブシャフトに交換をしてくれました。

こういう事態において、会場に居合わせたメカニックが敵味方なく助け合うことが、ヴィッチャレのすてきなところです。

今回のノーポイントにより、シリーズ4位と上位陣に大きく差をつけられ、今後の展開がシビアになってしまいました。

競技には負けてしまいましたが、走り負けはしていなかったと思うので、次戦、富山ラウンドも、がんばっていこうと思います!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。