2009年06月03日

ヴィッツチャレンジ Rd.2 in 高山の惨劇?

ARTA Project F.O.S.メンバー
17:14 | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
09rd2_01.jpg


2006年にチャレンジクラスでシリーズ5位入賞したことで、翌年からオープンクラスに放り出され(?)、はや3年。
2007年はオープンクラスの選手たちにまったく歯がたたず、
2008年はやっと2軍・・・(3軍かも)。 しかも、増川さんのオートバックスヴィッツRSをお借りして全日本ラリーに挑戦。

そして3年目の2009年 今シーズン。

「Rd.1 in 中部」でなんと2位が獲れた手(チョキ)目ぴかぴか(新しい)グッド(上向き矢印)
 

好調子るんるんるんるん・・・と思われた今シーズンでしたが・・・、
今回の「Rd.2 in 高山」は10位でした。。バッド(下向き矢印) (2軍どころの騒ぎじゃないぞ・・・たらーっ(汗)


今回、エンジンセンサー類のマシン不調が発生してしまいました。ふらふら
前の日記にあるように、前週にチェックランプが点灯してしまったのでチェックしたところ、O2センサーから「排気温度の異常」が出ていたということで、O2センサーと白焼けしてしまったプラグを交換していったわけですが、原因はエアフロセンサーにあったのです。。
ドライバーのミスも多少ありますし、マシンの不調でどれだけ差がついているかは分かりませんが、少なからず撃沈の原因にはなっていると思います。

SS(タイムアタック区間)で、吹けも悪きゃ伸びも悪く、
「でも・・・こんなもんだったかな?1000ccなんて。
と思いながら、走り終えればタイム差に「?」が飛ぶ。

あまりの差に落ち込めもせず・・・、大雨のサバイバルラリーをとにかく精一杯走りました。
そしてついに午後、リエゾン(SSとSSの間の移動区間)を走行中、エンジンチェックランプが点灯。Σ(゚Д゚;)Σ(´Д`;)あせあせ(飛び散る汗)

続きを読む


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。