2011年06月19日

全日本ジムカーナ第3戦

全日本ジムカーナ 川北忠
21:43 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんにちわ

ジムカーナ川北ですわーい(嬉しい顔)

今シーズン初書き込みです!メンバーの方々よろしくお願いしますグッド(上向き矢印)

さて今シーズンの全日本ジムカーナですが、第1戦は震災の影響で中止となりましたので、今回は事実上の2戦目となりました。

今シーズンより、昨年まで出ていたSA1クラス(RX−8)からSA2クラス(RX−7)に移籍しました。

以前、RX−7で参戦していましたが、今回で2台目のRX−7です!

開幕戦は、完全な準備不足で6位と低迷しましたが、今回は車のバージョンアップを進めて戦いに挑みました。


第3戦の舞台は、広島県のTSタカタサーキット!初開催の舞台ですあせあせ(飛び散る汗)

木曜日に仕事を終えてからすぐに積載車で出発し、片道約11時間の移動です。

何とか出走までには、現地に到着し準備を始めた。

<金曜練習日>
この日の走行は4本、1本目はどんより曇りで路面はドライ
タイムは3番手で感触も悪くないが、走行直後から雨が...雨
その後、走行ごとに雨量が変化し、コンディションが安定しない、タイムも3〜4番手だが、走りも安定しない。
しかし、ココでのデータの蓄積が大事なので、毎回仕様を変えて走行する。
極度の寝不足なので、早々に切り上げ、ホテルでデータを解析し、次の日に備えました。

<土曜公開練習>
この日は、降水確率100%
終日、ウエットコンディションを覚悟していたが、1ヒート走行前に雨が止んで、晴れてきた晴れ
まぁ1ヒート目はウエットコンディションでの出走となったが、ココでの感触がめちゃくちゃ良い!!!
パイロンタッチをしてしまい(本人はどこだか分からないが)5秒加算のペナルティ
しかし生タイムではトップだったので、ウエットは良しとした。
2ヒート目はほぼドライ路面に変わったが、タイヤはソフトをチョイス。
中間区間までは、ほとんど差がつかない4番手タイムだったが...
後半、酷い走りをしてしまい、14番手がく〜(落胆した顔)
タイヤのマッチングやマシンのセットから言っても、ウエットが良さそうだが...
明日の予報は、午後からの雨
モヤモヤしたまま、公開練習を終えた。

<決勝>
朝から鉛色の雲が立ち込めている。
降るなら降って欲しいと願いつつも、ファーストゼッケンがスタート!
しかし、走行約1時間前に雨粒がポツポツ?
降ってきた!
急遽、セッティングを雨に戻し準備をした。
路面を確認しに行くと、全域ウエットになっていた。
そして第1ヒート開始
やはり感触が良い、各セクションを無事に通過し、ゴールタイムはトップタイムだった手(チョキ)
第2ヒート開始前には、雨脚が強まりコースには至るところに水溜りが!
かなりタイムアップは難しい状況なようだ!
しかし、気を抜いて勝てるほど甘くないのがこの世界

中にはタイムアップしてくる選手もチラホラいる。
コレは攻めないと負けると思い、データの解析を進める。

第2位ヒート
やはり水溜りが多く、車速が120q/hを越えたあたりからハイドロが酷い...
なんとか攻めちぎったが、約0.4秒のタイムダウン
そのままパルクフェルメで後続車のタイムを聞きながら待つが、タイムを更新されることは無く、移籍後初優勝が決まりましたグッド(上向き矢印)



周りから、こんなに簡単に勝ったら面白くないとか...
散々な言われ方しましたが、結構大変でしたよ!

次は、7月2〜3日の北海道ラウンドです〜



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。