2010年05月27日

シビック東日本シリーズ第1戦

ARTA Project F.O.S.メンバー
15:35 | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログを御覧の皆さん、こんにちは。手(パー)
 かなり久しぶりのカキコとなっておりますが…

CIVIC
東日本シリーズに参戦しております、小川ですっ。
 2009年から引き続き2010年の今年もオートバックス様にサポートして頂く事となりましたぁー!
 多大な御支援に感謝感激しつつ、今シーズンも気合を入れて頑張りますので、宜しくお願い申し上げますっ!!!

さて、カキコが滞っていたOFFシーズン…何をしていたかと言えば…

 エンジン&ミッションのオーバーホールをコツコツとしておりました。

 
で…実は…

ちょっと無理をしてしまい、それが祟ったのか?!
 エンジンを載せ替える間際のGWに腰を痛めてしまい歩くのが困難な程に…もうやだ〜(悲しい顔)(苦笑)病院 

東日本シリーズの第1戦は近づいてくるしぃ〜〜がく〜(落胆した顔)
 シェイクダウンや練習もしたいのに、体が動かず…焦るばかり…

でも、気持ちは
「絶対、第1戦…這いつくばってもエントリーするんだぁ〜〜〜」 

今、冷静にみると…
“エンジンも乗って無いのに、自分の足で走るんかいっつ?!”(爆)

しかし、その状況に見兼ねた仲間達が毎週末、入れ替わり立ち替わり手伝いに来てくれメンテをサポートしてくれたのです。
 そのサポートのお陰で、シェイクダウンは出来なくとも、何とか
5月22.23日のツインリンクもてぎでの第1戦に参戦。

その頃には、腰の痛みもなんとか治まりました。
 あ…有難い…やっぱり、持つべきものは友人だぁー!!もうやだ〜(悲しい顔)(号泣)
 

そんなこんなで、第1戦のレースウィークに突入!

20日木曜日に茂木入り…
 エンジンの慣らし車(セダン)ぴかぴか(新しい)&ドライバーの慣らし() 

21
日金曜日、午前中の仕事を終わらせて、即行、もてぎへ
 この日は、セッティングの確認。

この時点で、エンジンも車体のバランスもイイ感じに仕上がって来ているるんるん
沢山の人に支えてもらっている分、頑張らねばっ…グッド(上向き矢印)手(グー) 

で…いよいよ22日の予選モータースポーツ車(セダン)

今回は、インターシリーズ13台、東日本シリーズ12台の合計25台での混走。
 
もちろん、同じFOSの大西選手もインターなので混走…お互い、それぞれイイ位置に行けるといいんだけど^^


この日は、朝から晴れ気温もぐんぐん上昇。真夏と変わらない様な暑さになり、路面も
42℃を超えていそう…
 
日曜日の決勝の天気は、雨雨の可能性が大。出来る限り、イイ位置に付きたい。 

そして、予選は9時にスタートした。
 NEWタイヤでコースイン、クリアLAPを探しながらタイヤを温めてタイムアタック!
 
その後、一旦、
PITインしてタイヤの内圧を調整後、再びPITアウト…
予選.jpg


しかし、トップタイムに自己ベスト更新ならずで(>_<)4番手に付けて終了。

ん?大西君は??同じく4番手!!!おお〜2台でイイ感じですね^^

 23日決勝手(グー)手(グー)
 
とうとう、第1戦の決勝!
今回は、ここまで来るのに容易では無かった…いつも以上に周りの沢山の方々のサポートが身に沁みた。

本当に…本当にっ!!感謝ですっ!!

メンテ.jpg

天候は、朝から今にも雨が落ちて来そうな雲が広がる。曇り
 
10時位には雨がポツポツ落ちて来た小雨…パソコンで雨雲をマメにチェックしてみる。
スタート1時間前になるとあちらこちらでドライバーやメカニックがウロウロとタイヤ選択の偵察()


ホント中途半端な天候…ふらふら


決勝は
14周で行われる。
 誰もが
1番嫌なのは、タイヤを交換するまでもない周に、路面の状況が中途半端に変わる事、つまりドライタイヤで1番スリッピーな状態でのレース…
 そうなると、もちろんレースアクシデントのリスクも増えるからね…

実は、冬に氷や雪の上を走る機会が多く有り、今回予想される様な路面は自分的には、ちょっとラッキーかな…わーい(嬉しい顔)

決勝のコースインが近づくにつれ、パソコンでチェックすると…まさに、その状況になりつつあった。
 


案の定、スターティンググリッドモータースポーツに付いた時には、雨脚も先程よりも強くなり薄っすら路面も濡れている。


う〜〜ん…、今日の決勝は、荒れそうだ…
(^^;)
 

そして、シグナルがブラックアウト!!インター、東日本シリーズ、総勢25台が一斉に1コーナーに入って行く。
 
その後は、予想通り、スリッピーな路面と混走の為、あちこちでレースアクシデント発生!

2LAP目では、目の前でインターと東日本の車両それぞれで合計4台が絡むアクシデント、これもなんとか巻き込まれずにクリアした。
 
中盤の頃になると、路面もウェットになっているが、誰もピットインでのタイヤ交換はしない…
まさに、中途半端(爆)

この時点で、ピットボードを確認すると“ポジション3


終了G.jpg

結局、最後まで何とか走りきって暫定
3位でチェッカーを受けたが、レースはまだ終わって無い… 

ゴール後は、レースアクシデントでペナルティを受けるドライバーも出てきて、東日本シリーズ
2位に入った選手も30秒のペナルティを受けた。

 で、今回の第1戦の正式結果は、3位から繰り上がり2位となる。
 
とりあえず、幸先の良い結果かな…わーい(嬉しい顔)手(チョキ)

次回は富士での第2戦…お世話になっている皆さんに、続けてイイ結果が報告出来る様、頑張ります。手(グー)


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。