2010年04月21日

シビックインター第2戦 鈴鹿

無限パワーカップ・86/BRZレース 大西隆生
15:14 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
土曜の予選は快晴!ですが気温は低く寒かったです。
練習走行は雨で変更してきたセットも変化は分からず。
タイヤも4本新品でほぼぶっつけ状態の予選。。。
新品のリヤタイヤが温まらないので計測1周目はウォームアップに使い、2周目からアタック開始。
ですがまだリヤタイヤが滑ります。
3周目に自己ベストを更新!計測4周目に入り少し車のバランスが崩れてきました。
リヤタイヤが温まってきてグリップしてしまいアンダーステアに。
ステアリングを切る量が増えてきてこれ以上アタックするとタイヤを傷めるだけなのでアタックをやめました。
自己ベストを更新したものの順位は11番手。
写真3.JPG
決勝も快晴。風が強いものの気温もかなり上がってきました。
今回はD1とGTドライバー谷口選手に加えて金石勝智さんと金石年弘選手がシビックレースに参加。
年弘選手は現役GTドライバー、勝智さんは土屋圭市さんとARTA NSXをドライブしてたすごい人。
決勝レースはフォーミュラニッポンが終わってからで4時くらいからのスタート。
グリッドに並び気合を入れてスタートのつもりが大失敗・・・ストールしかけましたが何とかこらえて1コーナーへ。僕が出遅れた分、後の車が詰まってきて行き場がなくなり大外を回って2コーナーをクリアしてS字へ。この間に1台パスされてしまいポジションダウンしましたが130Rでオーバーランした車をパス。
後から激しくプッシュしてきてきますが何とか押さえ前の車をパスするチャンスを待っていました。するとシケインの立ち上がりで前を走る2台が絡んで失速。その間にパスしてポジションアップ。
その前を走る車に追いつきチャンスを待っていましたがうまくブロックされペースが上がらず。
気づけば後にケイヒンのシビックが・・・
写真5.JPG
GTで走っているHSVと同じカラーリングのマシンで年弘選手が後に。車はかっこいいしドライバーはGT選手だし気になって仕方がありません。何周かはおさえたのですが2コーナーでオーバーステアを出してしまいパスされてしまいました。
その後にもきていてベタベタ状態。
新しいイメージ.JPG
ヘアピンからの立ち上がりで僕の方が速く、後も離れて前のケイヒンシビックに追いつきます。
チャンスはここだと次の周、うまくヘアピンを立ち上がりスプーンの1個目でインに飛び込みました。飛込みが少し浅かったのか並びかけるまでいかず少し接触。。。
タイヤがきびしくなってきているのですがケイヒンのシビックはそれでも高速コーナーが速い!
チャンスがなくなってしまいそのままチェッカー。
バトルしている間に、トラブルがあった車をパスしたりでゴールは7位でした。
その後、ペナルティがありポジションが1つ上がり6位に。
かなりの運があり6位入賞してしまいました(^^;)
久々にもらった鈴シカは嬉しかったです。
DSC01712.JPG


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。