2010年03月09日

もてぎシビックレースレポート

ARTA Project F.O.S.メンバー
00:32 | レースレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
先日行われたもてぎシビックのレースレポートです

事前のテストから好調をキープしていたものの、エンジン腰下から異音が出始めたため、急遽オーバーホールすることに(これがレース2週間前のこと)

そしてレース1週間前から慣らしの旅に(といってもサーキットですが)

しかしその慣らしの途中でエンジン不調に・・・・ブローしちゃった?
でも慣らし中でそんなに踏んでないし・・・なんで???

急いでガレージに戻って原因追究。
シリンダーヘッドが怪しい?ガレージFKの社長さんとスーパーメカニックのYさんがサクサクっとバラしていくと

バルブスプリング折れてる
がく〜(落胆した顔)(しかも3本)
NEC_0344.JPG
そんなことあるのexclamation&question

社長さんも長年B型エンジンやってるけど・・・「初めて見た」

今回のオーバーホール時は予算の都合もあり、ヘッドには手を付けなかったし・・・
自分アクセル踏みすぎですか(笑)

翌日もテスト走行の予定・・・半分あきらめモードだったんですが
「今からヘッド乗せ換えれば明日走れるべ?」・・・と

幸いにも異変を感じた瞬間にエンジンを切ったため、腰下は無事
夜遅くまで作業をしていただき、無事に翌日のテストも行うことができましたわーい(嬉しい顔)本当にありがとうございましたm(__)m
(昨年最終戦の直前にクラッシュした時も、他の仕事を全部キャンセルしてまで直していただいた、どんなトラブルにも動じない(笑)頼れる存在です)



前日の練習走行は1本目ドライ、2本目セミウェット、3本目ウェット!と一粒で3度おいしい天気(こんな日はなかなかありませんね)

それぞれチームスタッフにライバルのタイムを計ってもらいつつ、マシンチェックと予選タイムアタックの練習。

全ての走行で良い感触のまま当日を迎えることができました
NEC_0357.JPG
(翌日の本番に向けてオイル交換などのメンテナンス)

当日は朝から雨が降り続けてコース上はしぶきがあがる完全なウェットコンディション。
朝の公式練習はブレーキパッドの慣らしとマシンチェックだけの全開走行なしで3番手のタイム。この時点で、「一日雨が降り続ければ今日はいける」感触を得ることができました。

迎えた予選

雨の予選はとにかくクリアな視界で走れる状況を作ることが大事になってくるので、一番最後にコースイン。

十分にタイヤを温めてアタック1周目・・・・この時点でトップタイム!
もう少しタイムをあげられそうだったのでもう1周アタックを続けるが、前の集団に追い付いてしまったので、間隔を空けるのと、ポジションの確認のためにピットイン。
しかしまた出て行ってもアタックできる時間が無くなってしまうために予選は終了。

初めてのポールポジションを獲得することができました。
RIMG0062.JPG
(スターティンググリッドに向かって)

決勝

緊張気味のポールスタート・・・スタート失敗
しかし他の選手も失敗してる。

トップのまま1コーナーへ

ここで痛恨のオーバーステアでフルカウンター!このままスピンすると多重クラッシュもうやだ〜(悲しい顔)なんとか立て直そうとしたタイミングでイン側に入ってきた#7の選手に接触exclamation×2(精一杯持たせようと思いましたが・・・ゴメンナサイ)

幸いにも接触によるマシンへの影響は無く、そのままレースは続行。
後続を1周あたり2秒以上引き離しながら独走状態で10周を走り切り、そのままトップでチェッカーを受けることができましたモータースポーツ
RIMG0074.JPG
待望の初優勝ですぴかぴか(新しい)
RIMG0093.JPG
今回のレースはマシンとタイヤのバランスがとてもよく、不安感なく走ることができました。
ヨコハマさんのA050/G2S・・・とってもグリップします手(チョキ)
(雨が嫌いと言っていたのは誰だ)
ニューエンジンもとっても速かったです(ストレートの最高速がドライの時と3キロしか変わんない・・・・怖)

今シーズンのスタートを最高の形で始めることができました。
ご協力いただいたスタッフの皆様、スポンサー様に感謝です。

本当にありがとうございました。

次戦は6月27日に開催されます。

目指せシリーズチャンプ! (ちょっと気が早い?)

シビック東日本の小川選手、差し入れありがとうございました。リポD効いたかも(笑)


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。